未分類

【Bチーム】教育親善ブロック戦②

日付:2017年9月23日(土)  場所:葛が谷グランド
大会名:教育親善野球大会   対戦相手:茅ヶ崎エンデバーズ
チーム名
川和S 2 0 8 10
茅ヶ崎E 0 0 0 0
バッテリー:投)ゲンキ 捕)ルイ→ユウガ  
公式戦通算成績:18戦14勝4敗0分

教育親善ブロック戦2戦目
序盤硬直した試合となりましたが3回に8安打8得点。
コールド勝ちです。
この調子で頑張りましょう!!

【Bチーム】教育親善ブロック戦①

日付:2017年9月18日(月)  場所:葛が谷グランド
大会名:教育親善野球大会   対戦相手:ヤングマリナーズ
チーム名
YM 0 0 0 0 0 0
川和S 1 2 3 0 1 7
バッテリー:投)ルイ→ゲンキ 捕)ゲンキ→ルイ  
公式戦通算成績:17戦13勝4敗0分

教育親善ブロック戦初戦
都合により急遽試合をすることになりました。
新生Bチームとしての初戦になります。
へとへとになるまで練習した後の試合です。
疲れが残っていたせいかヒットはわずか2本でしたが守りではノーヒットノーランで抑え、5回コールド勝ちとなりました。
今後、ダブルヘッダーもあるでしょう。それに耐えられる体力を身に着けていきましょう。


4回ノーヒット、0点で抑えたルイ


ヒットを放つケイスケ


ヒットを放つアヤト

【Bチーム】あじさいBリーグ⑤

日付:2017年9月18日(月)  場所:長尾小学校
大会名:あじさいリーグB   対戦相手:長尾少年野球部
チーム名
川和S 1 7 0 1 0 9
多摩川F 0 0 1 0 1 2
バッテリー:投)ゲンキ→リョウガ 捕)ヤマト→リュウスケ  
公式戦通算成績:16戦12勝4敗0分

あじさいリーグBブロック戦5戦目
勝てばトーナメント進出です。
Aチームの大会と重なったため、4年生中心のオーダーとなりました。
ヒットは6本でしたが相手のミスで計9得点。
2回の相手のミスが無ければ危ない試合でした。
4年生中心で初めてBの試合に出た選手もいました。
せっかく出れたのだからもう少しアピールしてほしかった。
もっと大きな声でコーチ陣にアピールしてください。試合だけでなく応援等の行動でもです。


初回2ベースを放つ好調のソラ


ヒットを放つリョウガ


2ベースを含む2安打のカイ


センター前ヒットのイッキ。守備がもたつく間に一気に快足を飛ばし2塁へ


ヒットを放つマサヒト


レフト前ヒットのヒナタ

【Bチーム】あじさいBリーグ④

日付:2017年9月10日(日)  場所:稲田小学校
大会名:あじさいリーグB   対戦相手:多摩川フレンズ
チーム名
川和S 3 4 4 3 2 16
多摩川F 0 0 0 0 0 0
バッテリー:投)ゲンキ→ルイ 捕)ルイ→ゲンキ  
公式戦通算成績:15戦11勝4敗0分

あじさいリーグBブロック戦4戦目
4年生からソラとユウジがBチーム初参戦です。
初回先頭打者のルイがいきなり2ライトオーバーのホームラン。その後3者連続2ベースで2点追加の計3点を取り楽な展開に。
ゲンキのフェンス越えホームラン、ソラのBチーム初打席代打ホームランも飛び出しました。
攻撃はヒット18本、16得点。
守ってはヒット2本の完封でした。
攻撃で細かいミスが多くヒットの数のわりに点数が少なかったことが反省点。
走攻守でもっと積極的に行きましょう。消極的な行動によるミスは一番悔いが残ります。


先頭打者ホームランを放つルイ


2塁打3本のアヤト


フェンス越えのホームランを放つゲンキ


Bチーム初参戦代打ホームランを放つソラ


同じくBチーム初参戦のユウジ

【Aチーム】リスト杯 準決勝

日付:2017年7月31日(水)  場所:横浜スタジアム
大会名:リスト杯 準決勝   対戦相手:坂戸第一ドジャース
チーム名
坂戸 2 0 0 0 3 3 8
川和 4 4 0 0 0 9
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:39戦28勝11敗0分

リスト杯準決勝を高津区代表の坂戸第一ドジャースさんと戦った。シャークスは初回、1死1塁から相手3番打者にレフトオーバーのランニングホームランを浴び2点を先制されてしまうが、すぐさま1回裏無死満塁のチャンスから、ナナミのタイムリー・ミズキのスクイズ等で4点を奪い逆転に成功する。2回裏にはゲンキのスクイズ、ヒロキ・ソウタの連続タイムリーで4点を追加し、大量8得点で楽勝ムードと思われたが・・・さすがにベスト4まで勝ち上がってきた相手、そう簡単にはいきません。2回以降立ち直ったショウヘイだったが疲れが見え始めた5回、相手打線につかまり3点を奪われる。時間的に最終回となった6回、四球・内野安打でランナーをためられると、2死から痛恨の連続タイムリーを浴び同点とされてしまう。更に逆転のランナーを背負うも、渾身の直球で空振り三振を奪いピンチを逃れると、その裏四球で出塁したゲンキを2塁において、ショウヘイがレフトオーバーの2塁打を放ちサヨナラ!!自らのバットで激闘の終止符を告げた。さぁ頂上まであと一つ!

【Bチーム】あじさいBリーグ②

日付:2017年8月5日(土)  場所:荏田西グランド
大会名:あじさいリーグB   対戦相手:南河原リトルウィングス
チーム名
川和S 0 0 2 0 0 1 0 3
南河原L 0 0 0 0 0 1 1 2
バッテリー:投)ルイ 捕)ゲンキ  
公式戦通算成績:13戦9勝4敗0分

あじさいリーグBブロック戦2戦目
先発は5年生中心で挑みました。
緊迫した試合でしたが、前回以上に4年生を試していきました。
エラーがらみで終盤苦しくなりましたが何とか勝利。連敗を脱出です。
普段出ていない選手はチャンスです。
アピールしていきましょう。
まずは全力、大きな声で。

【Bチーム】あじさいBリーグ

日付:2017年7月29日(土)  場所白幡台小学校
大会名:あじさいリーグB   対戦相手:白幡台イーグルス
チーム名
川和S 0 0 0 1 0 0 1 2
白幡台E 1 0 3 0 2 0 x 6
バッテリー:投)ゲンキ→ルイ 捕)ルイ→ゲンキ  
公式戦通算成績:12戦8勝4敗0分

あじさいリーグBブロック戦
4年生を2名Bチームに追加し新戦力を試す布陣で挑みました。
それに関して選手は意図を理解しておらず、油断していた選手や、起用法に不満を漏らす選手も。
結果は案の定といったところです。
これで4連敗。
方針を選手に徹底できなかったコーチ陣に責任があるかもしれませんが選手はどんな時でも全力プレーをできるように。

【Bチーム】区大会

日付:2017年7月8日(土)  場所:すみれが丘公園
大会名:区大会   対戦相手:荏田南イーグルス
チーム名
川和S 0 0 0 1 0 0 1
荏田南E 1 0 0 1 0 x 2
バッテリー:投)ゲンキ→ルイ 捕)ルイ→ゲンキ  
公式戦通算成績:11戦8勝3敗0分

区大会1回戦
守ってはエラーがそのまま点につながり、攻撃では再三チャンスがありながらも再三ミスで台無しに。
最悪のゲームでした。
これでBチーム3連敗。
守備は動きが悪いし、走塁もミスだらけ。
ヒットはまともなのが1本のみ。
ミスは仕方ないかもしれないが・・・。
無気力プレーが一番の問題。
練習でも全力プレーで試合でもそれが自然にできるようにしましょう。

【Bチーム】教育親善野球大会準決勝

日付:2017年6月4日(土)  場所:神明台グランド
大会名:教育親善野球大会 準決勝   対戦相手:DMファイターズ
チーム名
DMF 0 1 3 0 0 1 5
川和S 1 1 0 0 0 1 3
バッテリー:投)ルイ→ゲンキ 捕)ゲンキ→ルイ  
公式戦通算成績:9戦8勝1敗0分

教育親善本戦、準決勝
勝てば決勝戦。
再三のチャンスでフライをあげ続け、10本以上のフライ・・・。
相手の倍ヒット打っているのにもったいない。
これでは勝てません。
今季初の敗戦となりました。
大振り、早打ち・・。相手ピッチャーの調子は良くなさそうでしたが助けてしまいました。
状況を考えてバッティングできるようになりましょう。

【Bチーム】教育親善野球大会準々決勝

日付:2017年6月3日(土)  場所:神明台グランド
大会名:教育親善野球大会 準々決勝   対戦相手:ニュー横浜スターズ
チーム名
N横浜S 0 0 0 0 0 0
川和S 1 1 0 3 2x 7
バッテリー:投)ゲンキ 捕)ルイ  
公式戦通算成績:8戦8勝0敗0分

教育親善本戦、準々決勝
勝てばベスト4。
守ってはノーヒットノーラン、3四球の好投
1ホームランを含む8安打。
快勝でした。
明日もこの調子でいきましょう。

【Cチーム】わかばジュニア準々決勝

日付:2017年6月3日(土)  場所: 洋光台南公園
大会名:わかばジュニア   対戦相手:港南西洗ヤングスターズ
チーム名
港南Y 1 1 0 0 2 3 1 8
川和S 4 0 0 3 0 0 2X 9
バッテリー:投)リョウガーソラーリョウガータイヨウ 捕)ヤマト  
公式戦通算成績:9戦9勝0敗0分

わかばベスト4をかけた準々決勝、相手は港南西洗ヤングスターズ。
天気は6月にしては湿度も低くカラったとした快晴。ベスト8が出揃い今回から本部大会になり雰囲気も変わって緊張感が漂うなか試合開始。
先攻は西洗。シャークス先発はエースリョウガ。初回2アウトから3番バッターにセンター前ヒット、スチールを決められランナー2塁。続く4番にレフトにヒットを打たれ1失点。しかし6番バッターをショートフライに打ち取り1点で抑えまずまずの立上り。
1回裏シャークスの攻撃は2アウトから3番ヤマトのセンターへのヒットでチャンスを作り4番ヒナタがタイムリーヒットで1-1の同点。さらに5番ソラのレフト前ヒットで1塁、2塁のチャンス。イケイケの場面で6番コウスケ。ライト線に鋭い当たりで、ボールは守備の左を抜けタイムリー2ベース。コウスケガッツポーズ。
2アウト2塁、3塁から7番リュウスケ。長い怪我からの復帰で今までの思いをぶつける左中間への2点タイムリースリーベース。5連打で4-1と西洗を突き放す。
2回表西洗の攻撃。2アウトから8番バッターに2ベースを打たれピンチ。9番バッターの小フライにファーストリュウスケがダイビングもキャッチできずその間に1点入り2-4。リュウスケナイスファイト。
2回裏は2アウトから2番コウガが左中間を大きく破り3塁を狙うも間一髪アウト。しかしナイスバッティングでムードはシャークス。
3回、4回の西洗の攻撃はリョウガがしっかり抑えて0点に抑える。
4回裏1アウトからリュウスケ、リョウガが出塁し9番ケイスケ。センターへの鋭い当たりがセンター頭上をワンバウンドで抜け2点タイムリー3ベース。2-6。1番に戻りソウタのサードゴロの間に3塁ランナーケイスケ本塁タッチアウトでチャンスが途切れたかと思ったが、ソウタの足が活きて2アウト3塁。2番コウガの左中間を大きく抜ける3ベースで貴重な1点を追加。2-7。
5回表はフォアボールと振り逃げでチャンスを作られ内野のミスから2点を失いヤバイムードになりそうなところ、コウガがサードゴロを冷静にさばき2塁ランナーをランダンプレーで刺しピンチを2点で食い止める。4-7。
ジワジワと追い上げてくる西洗。6回からピッチャーソラに交代。先頭バッターがセンターへヒット。リズムが狂いワイルドピッチとフォアボールで2点を失い再度リョウガにスイッチ。セカンドゴロの間に1点追加されついに7-7の同点。
6回裏はリュウスケのヒットからチャンスを作るもダブルプレーで0点。時間切れでタイブレークに突入。
延長タイブレーク1アウト1塁、3塁からスタート。1番、2番バッターがランナーにつき3番バッターの打席からスタート。
タイブレークからマウンドはタイヨウ。港南は1塁ランナー盗塁のあとスクイズを試みるも3塁ランナー突っ込めずFCで1アウト満塁。続く4番バッターにレフト前ヒットを浴び1点を許しなお1アウト満塁。続く5番バッターはサードゴロ、サードコウガ、キャッチャーヤマト、ファーストリュウスケと完璧な守備でホームゲッツー。緊迫した場面でタイヨウ、内野陣が冷静な守備で港南を1点に抑える。8-7
タイブレーク川和の攻撃。3塁ランナーソウタ、1塁ランナーコウガ、バッター3番ヤマトでスタート。コウガ盗塁で2塁、3塁。ソウタは3塁ランナーでピッチャーにプレッシャーをかけイケイケのムード。バッターボックスは我らがキャプテンヤマト、2球目をフルスイングするとボールはサード、ショート、レフトの間に落ち3塁ランナーソウタがホームイン。レフトがもたつく間に2塁からコウガも判断よくホームへ滑り込み9-8。サヨナラ。
最後は持ってる男ヤマトが決めてくれ厳しい試合をものにすることが出来ました。投手陣、守備陣はしっかり守り、攻撃も最後まで諦めず、ベンチも声を枯らしみんなで勝ち取った勝利でした。

【Cチーム】親善交流ジュニア ブロック戦

日付:2017年5月28日(日)  場所:今宿西町公園
大会名:親善交流ジュニア   対戦相手:今宿東キングローズ
チーム名
今宿東K 0 0 1 1 2
川和S 1 10 2 X 12
バッテリー:投)ソラータイヨウ 捕)ヤマトータクマ  
公式戦通算成績:8戦8勝0敗0分