6年生ダイアリー

【Aチーム】県小連 秋季大会 ブロック代表決定戦

日付:2017年11月4日(土)  場所:矢シ塚グランド
大会名:県小連 秋季大会ブロック代表決定戦   対戦相手:睦ヶ丘少年野球部
チーム名
睦ヶ丘 0 0 0 0 0 0
川和 4 3 1 0 × 8
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:66戦50勝16敗0分

県小連秋季大会の4回戦(ブロック代表決定戦)を保土ヶ谷区の睦ヶ丘少年野球部さんと戦った。シャークスは初回、相手先発投手の乱調を見逃さず四球を足掛かりに盗塁を絡ませ、ナナミ・ルイのタイムリー等で4点を先取する。2回にも連続四球からチャンスを掴むと、ゲンキ・ナナミ・ユウガの主軸3連打等打者一巡で3点を奪取、3回には再びゲンキのタイムリーが飛び出し試合を決定付け、5回コールドで勝利!!投げてはショウヘイが5回被安打4の完投ピッチング!!本当に頼もしくなりました。
前日の3連戦の疲れも全く見せず快勝し、ブロック代表を奪取!!昨年ベスト4に終わったこの大会。頂上まであと3つ、最後まで諦めず全力で戦い抜こう!!

【Aチーム】県小連 秋季大会 3回戦

日付:2017年11月3日(祝)  場所:荏田西グランド
大会名:県小連 秋季大会3回戦   対戦相手:汲沢マリナーズ
チーム名
汲沢 0 0 1 1
川和 3 2 11
バッテリー:投)ルイ 捕)ゲンキ  
公式戦通算成績:65戦49勝16敗0分

3連戦の最後は県小連秋季大会3回戦、相手は戸塚区の汲沢マリナーズさんとの対戦。先発はルイ。初回無難に2死までこぎつけるが、3番打者に左中間を破られる3塁打を浴びピンチを招くも、4番打者を落ち着いて内野ゴロに打ち取り無失点で切り抜ける。後攻のシャークスは初回、ショウヘイのタイムリー2塁打等で3点を先取し試合を優位に進めると、2回にはヒロキの犠飛等で2点追加、3回にはルイ・トワのタイムリー等で追加点を奪い、止めはショウヘイのセンターオーバーのタイムリー3塁打が飛び出し、この回一挙6得点。3回コールドで勝利することができ、明日のブロック代表決定戦(4回戦)へ駒を進めることが出来ました。
久々の1日3試合で疲れもピークに達していたと思われるが、体力面の成長も見え、見事3連勝を飾ることが出来ました。

【Aチーム】都田リーグ 決勝トーナメント1回戦

日付:2017年11月3日(祝)  場所:荏田西グランド
大会名:都田リーグ 決勝トーナメント1回戦   対戦相手:荏田南イーグルス
チーム名
荏田南 0 0 0 0 0 0 0
川和 0 0 0 2 0 × 2
バッテリー:投)ヒロキ・ゲンキ・ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:64戦48勝16敗0分

ホームグランドへ戻っての2戦目は都田リーグ決勝トーナメント1回戦、相手は同区の荏田南イーグルスさんとの対戦。
両先発投手の投げ合いでゼロ行進のまま進み緊迫した試合内容だったが、シャークスは4回、先頭トワのライト前ヒットを足掛かりに1死3塁のチャンスで、ショウヘイの打球がFCとなり先取点を奪取すると、ユウガのタイムリーも飛び出し更に追加点を奪う。続く5回にもミズキ・アヤトの連続安打から1死満塁のチャンスを作るも、後続が倒れ試合を決定付けることが出来なかったが、先発ヒロキは4回被安打0・6奪三振、2番手ゲンキは1回2/3不調ながらも何とか踏ん張り無失点、ショウヘイは最終回ピンチの場面でワンポイントリリーフ、1戦目の疲れも見せず空振り三振を奪いピンチを切り抜け、見事完封リレー。投手陣の踏ん張りで勝利を飾り、ベスト4へと駒を進めることが出来ました。
準決勝の相手は、昨年決勝で逆転サヨナラ負けを喫したDMファイターズさん。さぁリベンジだッ!!

【Aチーム】西部リーグ 決勝戦

日付:2017年11月3日(祝)  場所:上瀬谷小学校
大会名:西部リーグ 決勝戦   対戦相手:オール三ツ境
チーム名
三ツ境 0 0 0 0 0 1 0 1
川和 2 0 0 0 0 0 × 2
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:63戦47勝16敗0分

10月中旬頃からの連日の雨の影響で延びに延びた久々の公式戦。試合感が薄れている中でのトリプル(1日3試合)、非常に厳しい1日でした。
3連戦の1戦目は西部リーグ決勝戦。相手は今年度の全国共済旗争奪少年野球大会チャンピオン(横浜市大会)瀬谷区の強豪オール三ツ境さんとの対戦。
シャークスは初回、大舞台での緊張(?)からか先頭打者をいきなりのエラーで出塁を許して嫌なムードとなるが、先発ショウヘイが踏ん張りを見せて後続を抑え、無失点で切り抜ける。シャークス初回の攻撃、先頭打者トワが左中間へのヒットで出塁し直ぐに二盗を決め、2番ヒロキがキッチリ犠打で送り1死3塁とチャンスを広げると、3番ゲンキの絶妙なセイフティースクイズで先取点を奪う。その後連続四球で得た1死満塁のチャンスから、6番ソウタの犠飛で得点を奪い2点を先取する。4回裏、四球を足掛かりに1死2・3塁のチャンスを作ったが、1回途中から登板した投手に後続が打ち取られ、中々追加点が奪えず中盤を終える。1点リードで迎えた最終回、2死からヒットで出塁を許すも、最後は捕手ナナミが二盗を刺しゲームセット!!見事接戦を制し、優勝することが出来ました\(^o^)/
終わってみれば先発投手ショウヘイは、6回味方エラーが重なり1点を奪われるも安定したピッチングを披露し、被安打4・9奪三振とエースの貫録をしっかり見せてくれました。
参加54チームの頂点に立ち、歴史に名を刻むことが出来ました。優勝おめでとう!!\(^o^)/

【Aチーム】県小連 秋季大会 2回戦

日付:2017年10月14日(土)  場所:葛が谷公園グランド
大会名:県小連秋季大会 2回戦   対戦相手:本郷平和台シーレックス
チーム名
本郷 0 0 0 0 3 0 3
川和 0 2 0 0 7 × 9
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:62戦46勝16敗0分

県小連秋季大会の2回戦を栄区の本郷平和台シーレックスさんと戦った。シャークスは2回、右中間への2塁打で出塁したユウガを3塁に置いてミズキのスクイズで先制、その後相手バッテリーエラーもあり2点を先取する。4回には安打3本連ねるも無得点で終えてしまうと、5回相手の攻撃でタイムリー3本を浴びて、一挙に逆転されてしまう。逆転された直後の5回裏、先頭ヒロキがレフト前ヒットで出塁すると、その後4連続四死球、ソウタのタイムリー、ミズキのスクイズ等、打者一巡の攻撃で一挙7点奪取し、試合を決定付けた。土曜日試合でのバットが振れてない感は相変わらず・・・相手投手の乱れによって何とか勝利することが出来たが、こんな調子では勝ち進んでいくのは厳しいぞッ!!

【Aチーム】都筑区秋季大会 準決勝

日付:2017年10月9日(祝)  場所:牛ヶ谷公園グランド
大会名:都筑区秋季大会 準決勝   対戦相手:荏田南イーグルス
チーム名
荏田南 1 0 0 0 2 3
川和 1 1 2 2 10
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:61戦45勝16敗0分

都筑区秋季大会の準決勝を荏田南イーグルスさんと戦った。初回の守りでエラーから失点へ繋がるという嫌な立ち上がりだったが、その裏すぐさまナナミのタイムリーで同点とし、嫌なムードを払拭。2回、四球等で出塁を許すも、捕手ナナミが立て続けに盗塁を阻止し流れをシャークスへ持ってくると、2回裏にはミズキがスクイズ警戒で外された球に飛びつき、左手一本でスクイズを決めて逆転に成功する。3・4回と効率良く2点づつ追加点を奪い試合を優位に進めるが、5回に相手9番打者にレフトオーバーの2ランHRを浴び3点差に詰め寄られてしまう。しかし打線好調のシャークス打線は5回裏、四球を挟む怒涛の6連打で4点を奪い、5回コールドで勝利することが出来ました\(^o^)/
悲願の優勝旗獲得まで、あと一つ!!

【Aチーム】西部リーグ 本部大会 準決勝

日付:2017年10月7日(土)  場所:今宿南小学校
大会名:西部リーグ 本部大会 準決勝   対戦相手:鎌倉レッドサン
チーム名
川和 0 0 0 0 1 0 0 3 4
鎌倉 0 1 0 0 0 0 0 0 1
バッテリー:投)ルイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:60戦44勝16敗0分

本日ダブル2試合目、西部リーグ本部大会準決勝を鎌倉市の強豪鎌倉レッドサンさんと戦った。シャークス先発投手のルイは、初回無難な立ち上がりを見せたが、2回裏主軸打者に連打を浴び先制点を許してしまう。相手先発投手に抑えられていたシャークス打線だったが、ようやく5回表、ヒットで出塁したミズキを置いて、ショウヘイのショートへの打球が内野安打となり同点とする。両投手の好投もあり、速い試合展開で同点のまま7回を終了するが、規定時間内であったためそのまま延長戦へ突入。シャークスは1死後、コウダイがセンター前ヒットで出塁すると、2死2塁の場面で代打アヤトの右中間へのタイムリーで勝ち越し。続くソウタが会心の一撃(レフトへの2ランHR)を放ち、試合を決定付けた。先発投手ルイは緩急を使った見事なピッチングを披露し、終わってみれば被安打3・投球数104の完投勝利。
さぁ頂上まで、あと一つ!!

【Aチーム】YBBL秋季大会 第二代表決定戦

日付:2017年10月7日(土)  場所:今宿南小学校
大会名:YBBL秋季大会 第二代表決定戦   対戦相手:桜井ルーキーズ
チーム名
桜井 2 0 1 0 0 2 0 5
川和 0 0 1 0 0 0 3 4
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:59戦43勝16敗0分

本日ダブルの1試合目は、YBBL秋季大会の第二代表決定決勝戦を栄区の桜井ルーキーズさんと戦った。初回先頭打者をエラーで出塁を許すと、3番打者にレフトフェンスオーバーの2ランHRの先制パンチを浴び、試合の主導権を握られてしまう。3回には4番打者のタイムリーで追加点を奪われるが、シャークスもヒロキのスクイズで1点を返す。2点差のまま迎えた6回表、無死満塁の場面で6番打者にタイムリーを浴び2点を追加され4点差とされてしまう。4点差で迎えた最終回、相手バッテリーミスとユウガのライトオーバーのタイムリー2塁打で1点差とし、尚も1死2塁の同点のチャンスであったが後続が続かず、1点差の惜敗となってしまいました。最後に粘りを見せることが出来たが、残念ながら本部大会出場の夢は断たれてしまいました(T_T)

【Aチーム】都筑区秋季大会 2回戦

日付:2017年10月1日(日)  場所:都田公園グランド
大会名:都筑区秋季大会 2回戦   対戦相手:南山田ライオンズ
チーム名
南山田 0 0 0 0 0 1 1
川和 0 0 0 0 0 4 4
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:58戦43勝15敗0分

都筑区秋季大会2回戦を南山田ライオンズさんと戦った。ライオンズさんとは今季1勝2敗と負け越しており、春季大会決勝では大敗を喫している相手。予想していた通り両投手が好投を続け、1点を争う好ゲーム。お互いにランナーを出すものの、あと一本が出ず無得点で迎えた6回表、エラーで出塁を許した走者を置いて、相手5番打者にタイムリーを浴び1点を奪われ、ついに均衡が破られる。しかしながら諦めないシャークスはその裏、先頭トワが粘って四球で出塁すると二つの盗塁を決め3塁に到達。その後スクイズを外され3本間で挟まれるが、狭殺プレーミスが出て本塁に生還し同点となる。ミス以降流れは一気にシャークスへ移り、ソウタ・ユウガのタイムリーが出て追加点を奪ったところで時間切れゲームセット!!見事逆転勝利を飾ることが出来ました。

【Aチーム】西部リーグ 本部大会

日付:2017年10月1日(日)  場所:川井小学校
大会名:西部リーグ 本部大会   対戦相手:清水ヶ丘ジャイアンツ
チーム名
川和 0 2 0 2 0 2 3 9
清水ヶ丘 0 0 3 0 0 0 0 3
バッテリー:投)ルイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:57戦42勝15敗0分

西部リーグ本部大会初戦を南区の強豪清水ヶ丘ジャイアンツさんと戦った。シャークスは2回、ソウタのセンターオーバーの2HRで先制するも、3回裏ランナー2人を置いて4番打者にレフトフェンスを越える超特大3HRを浴び、逆転を許してしまう。しかしながら打線好調のシャークスは4回、トワのタイムリー2塁打で2点を奪いすぐさまひっくり返す。6回にはソウタが再びセンターオーバーのソロHR、7回には三度ソウタの3HRが飛び出し合計9点を奪った。先発ルイは4回以降、1死球を与えただけの無安打ピッチングを披露し、見事準決勝へ駒を進めることが出来ました。先発投手ルイの好投もあったが、この試合の主役は何と言ってもソウタ。2打席連続を含め1試合3HR、6打点の神ってる大活躍!!次戦レッドサン戦も頼んだぞッ!!

【Aチーム】YBBL秋季大会 第二代表決定準決勝

日付:2017年9月24日(日)  場所:旧ひかりヶ丘小学校
大会名:YBBL秋季大会 第二代表決定準決勝   対戦相手:ひかりヶ丘少年野球部
チーム名
川和 1 0 0 1 0 4 6
ひかりヶ丘 0 0 0 0 2 0 2
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:56戦41勝15敗0分

1試合目終了後30分の休憩を挟んで行われたダブルヘッター2試合目。YBBL秋季大会の第二代表決定準決勝を旭区のひかりヶ丘少年野球部さんと戦った。ひかりヶ丘少年野球部さんとは今年のYBBL春季大会で対戦した相手。しかも春季大会と同様、第二代表決定準決勝での対戦。前回は延長サドンデス負けを喫した強豪チーム、今回は如何に・・・
シャークスは初回、四球2つで掴んだチャンスをナナミがキッチリ転がし、無安打で先制点を奪う。2・3回と得点圏にランナーを置くも後続が続かず追加点が奪えずにいたが、4回1死3塁のチャンスで、ミズキの前進守備の横を破るタイムリーが飛び出し、ようやく追加点を奪った。先発投手ショウヘイは2・3回とピンチを背負うも無失点で切り抜けていたが、連投の疲れが見え始めた5回、連打を浴び1死2・3塁のピンチを背負うと、相手3番打者に右中間へのタイムリー2塁打を浴び同点、尚も2死満塁のピンチだったが気合のピッチングを見せ三振を奪い、同点のまま5回を終了する。時間的に最終回となった6回、1死満塁のチャンスからルイの左中間を深々と破るタイムリー3塁打で勝ち越すと、ヒロキの左中間を破るタイムリー2塁打でダメ押し。最後はショウヘイがキッチリ3人で片付け、第二代表決定決勝戦へ駒を進めることが出来ました\(^o^)/
春季大会と同様、先制するも追い付かれるゲーム展開。同点とされた時、春季大会の苦い記憶が脳裏に浮かんだのは著者だけだったでしょうか・・・

【Aチーム】YBBL秋季大会 第二代表決定4回戦

日付:2017年9月24日(日)  場所:旧ひかりヶ丘小学校
大会名:YBBL秋季大会 第二代表決定4回戦   対戦相手:永田オックス
チーム名
川和 2 5 0 0 6 13
永田 0 0 0 0 0 0
バッテリー:投)ショウヘイ・ルイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:55戦40勝15敗0分

YBBL秋季大会の第二代表決定4回戦を南区の永田オックスさんと戦った。永田オックスさんとは昨年教育親善大会で対戦した相手。その時は勝利しましたが、その後のお互いの成長ぶりが楽しみだった対戦でした。先攻のシャークスは初回、ショウヘイのタイムリー等で幸先良く2点を先取する。2回にはヒロキ・ナナミのタイムリーが飛び出し5点追加。5回にはソウタ・トワ・ナナミのタイムリー、アヤトのスクイズ等で6点を追加し試合を決定付けた。投げてはショウヘイ・ルイの継投で相手打線を無安打に抑え、5回コールド勝ちすることが出来ました。ダブルヘッター初戦、投手陣は次戦を見据えて打たせて取る省エネピッチングをすることが出来ました。さぁ、あと二つ!!