6年生ダイアリー

【Aチーム】都田リーグ ブロック戦

日付:2017年4月9日(日)  場所:山田小学校
大会名:都田リーグ ブロック戦   対戦相手:南山田ライオンズ
チーム名
南山田L 3 0 0 4 0 7
川和S 1 0 1 0 8
バッテリー:投)ヒロキ・ソウタ・ルイ 捕)ナナミ・ゲンキ  
公式戦通算成績:13戦8勝5敗0分

都田リーグブロック戦の3戦目を同区の南山田ライオンズさんと戦った。区大会が雨天中止となったことから急遽試合を行なうこととなり、昨日に引続き小雨の中での試合となりました。先発ピッチャーのヒロキは初回、相手打線の猛攻を受け一気に3点を奪われ、劣勢の試合展開となってしまう。反撃したいシャークスは初回、四球で出塁したショウヘイを5番ヒロキの意地のタイムリーで迎い入れ1点を奪うと、3回裏には3番ゲンキが2塁打で出塁すると4番ナナミがスクイズを決めて1点追加し、ジワジワと追い上げる。2回表から引継いだソウタだったが4回表に突如乱れ、無死2・3塁となったところで3番手ルイにスイッチ。3番の強打者を敬遠気味の死球で歩かせ満塁策とし次打者をファースト⇒ホームで1死とするが、次打者のショート⇒ホームは間一髪間に合わず、その後タイムリー2塁打を浴びる等相手打線の勢いを止められず一気に4失点、ほぼ試合を決定付けられた。時間的に最終回となった5回裏、先頭のゲンキがライト前ヒットで出塁すると、1死後勝利を意識したのか突如相手ピッチャーが崩れ連続四球で1死満塁。ピッチャー交代も流れを止められず、コウダイが四球を選び、まず1点。続くユウガが左中間にタイムリーを放ち2点。ルイのレフト前ヒットで再び1死満塁とすると、ショウヘイが起死回生のレフトオーバーの2塁打で更に2点追加し、ついに同点とする。2死となるも満塁の場面で、『不動の4番』ナナミがやってくれました!!三遊間を破るタイムリーでサヨナラ!!見事5点差をひっくり返す大逆転劇で、何とか勝利することが出来ました\(^o^)/。最後の最後まで諦めない気持ちが、勝利の女神を呼び寄せたのでしょうか?やはり諦めない気持ちは大事ですねぇ~!!
ブロック最大の山場での勝利で3戦3勝、残りは3戦。この勢いで1位通過をしよう!!


▲サヨナラ打のナナミをみんなで祝福!?

【Aチーム】都田リーグ ブロック戦

日付:2017年4月8日(土)  場所:葛が谷公園グランド
大会名:都田リーグ ブロック戦   対戦相手:長津田クラブ
チーム名
長津田C 0 0 0 3 0 3
川和S 0 1 3 2 × 6
バッテリー:投)ヒロキ・ゲンキ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:12戦7勝5敗0分

都田リーグブロック戦の2戦目を緑区の長津田クラブさんと戦った。今シーズン初の小雨が降りしきる中での試合となりました。相手エラーで先取点を奪ったシャークスは3回裏、ランナー1人を置いて1番ショウヘイがライトオーバーとなるタイムリー3塁打、3番コウダイのスクイズ等で3点追加、4-0と試合を優位に進める。守っては先発ヒロキ・2番手ゲンキが要所を締め無得点に抑えてきたが、4回表ランナー2人を置いて相手のキャプテンに右中間を破られるRHを浴びて3点を返され、一気に勝敗が分からなくなる。1点差とされたシャークスは4回裏、ランナー2人を置いて1番ショウヘイが、今度は左中間を破る2打席連続タイムリー3塁打で2点を追加。時間的に最終回となった相手の攻撃も、無死2・3塁のピンチを招くも何とか無得点で切り抜け、勝利することが出来ました。これでブロック戦2戦2勝\(^o^)/。残り4戦も勝利し、ブロック1位通過を捥ぎ取ろう!!


▲3打点の活躍 ショウヘイ

【Aチーム】YBBL春季大会 1回戦

日付:2017年4月2日(日)  場所:今宿南小学校
大会名:YBBL春季大会 1回戦   対戦相手:金沢イーグルス
チーム名
金沢E 2 2 0 0 0 0 0 4
川和S 1 1 0 0 0 0 0 2
バッテリー:投)ヒロキ・ゲンキ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:11戦6勝5敗0分

第106回YBBL春季大会1回戦を金沢区の強豪”金沢イーグルス”さんと戦った。本日も先発ピッチャーはヒロキ。初回先頭バッターをいきなり四球で歩かせると、2番打者にライト線に運ばれる2塁打で先取点を奪われ、更に守備エラーも重なり1点を追加される。シャークスは初回、先頭打者のトワがレフト前にクリーンヒットで出塁すると、4番ナナミのセンター前タイムリーで1点差に詰め寄り、更に2死2・3塁とチャンスを広げるも、後続が倒れ追加点が奪えない。2回表、1死後1番打者に内野安打で出塁を許すと、2死から思いもよらない内野の連続タイムリーエラーで2点を返上し、3点差に突き放されてしまう。2回裏、7番アヤトが相手守備エラーで出塁すると、1死3塁から9番コウダイがきっちり内野ゴロを転がし1点を奪い、再び2点差とする。3回以降、立ち直りを見せたヒロキは相手打線を無得点に抑えて味方の反撃を期待したが、相手先発ピッチャーも球威があるサウスポーで攻略出来ず。出塁し得点圏まで進むがホームが遠く、お互い無得点のまま最終回の攻防へ・・・。6回表から登板したゲンキは最終回、2死から四球とエラーで2・3塁のピンチを背負うも、5番打者のピッチャーを襲う強烈な打球に素早く反応して捕球し(思わずガッツポーズ!!)、最終回の攻撃に弾みをつけた。7回裏シャークスの攻撃は簡単に2人が打ち取られたが、「野球はツーアウトから!」と言わんばかりのベンチからの声援に応え、1番トワ・2番ルイ・3番ゲンキと3連続四球を選び2死満塁とチャンスを広げ、4番ナナミに期待を込めた。フルカウントまで粘った運命の7球目・・・外角へ投じられた際どいボールではあったが球審のコールは「ストライク、バッターアウト~!」・・・  残念ながら1回戦敗退となってしまった。
最後の1球まで勝敗が分からないという粘り強い試合が出来るようにはなったが、強豪相手で失策4(3失点)では勝利することは難しいぞ。ゲームセット後、悔しさから涙を流す者・落ち込む者もいたが、まだこの大会は終わったわけではない・・・第二代表決定戦がある。その第二代表決定戦は次週からスタートする。選手たち、落ち込んでいる暇はない!!同じ思いをしないために、さぁバットを振り続けよう・・・

【Aチーム】都田リーグ ブロック戦

日付:2017年3月25日(土)  場所:保土ヶ谷少年野球場
大会名:都田リーグ ブロック戦   対戦相手:中山ヤンガース
チーム名
中山Y 0 0 0 0
川和S 4 1 5 10
バッテリー:投)ヒロキ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:10戦6勝4敗0分

都田リーグブロック戦の1戦目を、緑区の中山ヤンガースさんと戦った。先発ピッチャーのヒロキは初回、1・2番打者を四球で歩かせるも、牽制でランナーを刺し何とか無失点で切り抜ける。後攻のシャークスは初回、連続四球等で1死満塁の場面で、5番ソウタが左中間を破る走者一掃のタイムリー2ベースで3点を先制、相手守備エラーもあり4点を奪取した。2回にも相手守備エラーで1点を追加すると、3回には走者2人を置いて7番ゲンキの左中間を破る3HR(今季公式戦第1号)で3点追加、更に1死後ランナー1人を置いて1番トワのレフト線を破る2HR(今季公式戦第1号)で2点追加し、規定により3回コールドゲームで危なげなく勝利することが出来た。先発ピッチャーのヒロキは3回無安打無得点に抑えるも、4四死球・投球数51球とコントロールに精彩を欠く課題の残る投球内容であった。さぁ次戦はYBBL1回戦。強豪相手だが、この調子でガンガン打ちまくり勝利するぞぉ~!!


▲ソウタ 満塁走者一掃のタイムリー2ベース


▲ゲンキ 左中間への3HR


▲トワ 左翼への2HR

第106回YBBL春季大会 開会式

日付:2017年3月20日(祝) 場所:サーティーフォー保土ヶ谷球場
”第106回YBBL春季大会”開会式に参加してきました。今大会は全210チームが参加する横浜市最大の大会であり、参加チームが16ブロックに分かれ各ブロック第1・第2代表のみが本部大会への切符を獲得し、6月の本部大会 準・決勝を目指して戦っていきます。

【Aチーム】都筑区春季大会 ブロック戦

日付:2017年3月20日(祝)  場所:東山田公園
大会名:都筑区春季大会 ブロック戦   対戦相手:茅ヶ崎エンデバーズ
チーム名
川和S 2 6 3 11
茅ヶ崎E 0 0 0 0
バッテリー:投)ヒロキ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:9戦5勝4敗0分

都筑区春季大会ブロック戦の1試合目を茅ヶ崎エンデバーズさんと戦った。先行のシャークスは初回、1番ヒロキがレフト前ヒットで出塁すると、相手守備エラーと5番ソウタの内野安打で2点を先制する。続く2回表7番ゲンキがレフト前ヒットで出塁すると、4番からの3連続タイムリー(ナナミ・ソウタ・ルイ)等で6点追加。3回表にもヒロキのセンターオーバーの2塁打、ナナミ・ソウタの2打席連続タイムリーで3点を奪取し、3回コールドで初戦を勝利で飾った。投げてはヒロキが2安打完封、2回にはトリプルプレーも成立させる等、次戦に繋がるナイスゲームでした。さぁ次戦はブロック最大の山場。この勢いで絶対勝利するぞぉ~!!

【Aチーム】全国共済旗争奪 横浜市少年野球大会1回戦

日付:2017年3月19日(日)  場所:新横浜投擲場
大会名:全国共済旗争奪 横浜市少年野球大会1回戦   対戦相手:睦ブラザーズ
チーム名
睦B 0 0 1 0 0 1 2
川和S 0 0 0 1 0 1 2
バッテリー:投)ヒロキ・ルイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:8戦4勝4敗0分

全国共済旗争奪横浜市少年野球大会1回戦を南区の睦ブラザーズさんと戦った。本日の先発ピッチャーはヒロキ。市大会初登板の緊張からか先頭打者を四球で出塁を許すと次打者にもヒットを浴び無死2・3塁。いきなりの大ピンチも守備陣が3本塁間のランダンプレーを2回無難にこなし、何とか無得点で切り抜ける。後攻めのシャークスは、1回裏トワ・ナナミの連続ヒットから2死満塁のチャンスを作るが後続が倒れて得点を奪えない。3回表に死球とヒットで1死2・3塁のピンチを背負うと、スクイズを外した投球を捕球出来ず、1点をプレゼントしてしまう。先制点を許したシャークスは4回裏、先頭ソウタの死球出塁から1死2・3塁のチャンスを作り、負けじとコウダイがスクイズをきちんと決めて同点に追いつく。5回裏1死2塁からナナミがセンター前に弾き返し2塁ランナーのトワが本塁へ激走するも、相手守備陣の素晴らしい中継プレーにより本塁タッチアウト・・・追加点が奪えない。4回途中から登板したルイは、ピンチを背負うも4回・5回と粘りのピッチングを見せ得点を与えない。同点のまま時間的に最終回となった6回表、先頭打者にレフト線を破られる2塁打を浴びると、1死後スクイズを決められ勝ち越されてしまう。諦めないシャークスは先頭のゲンキが四球を選び出塁、1死後コウダイの打球が守備エラーを誘うと走者ゲンキが一気に本塁へ生還し同点。ベンチ内は一気に異常な盛り上がりを見せサヨナラムードへ。1死後アヤトが四球を選び2死1・3塁とサヨナラのチャンスは続き、流れは完全にシャークスへ。打者トワに投じた2球目がワンバウンドとなり捕手がボールを後逸した瞬間、ベンチ内は声を揃えて「GO~!!」、走者コウダイが本塁へ突入しサヨナラと思われたが無情にも主審のコールは「タッチアウト~!」、同点のまま試合終了となってしまった。大会規定により出場選手9人づつのクジ引きにより勝敗を決定するため運を天に任せるとことなったが、残念ながらクジ引きの結果4対5という僅差で負けを喫し、1回戦敗退となってしまった(T_T)。今年度上部大会初挑戦は残念ながら初戦敗退となってしまったが、粘り強い試合が出来るようになり、選手たちの成長が感じられたナイスゲームであった。都筑区春季大会で上位成績を残し、夏の上部大会出場権を獲得してリベンジだぁ~!!


▲狭殺プレーでタッチアウト 


▲同点スクイズ コウダイ


▲勝敗を決める運命のクジ引き 

【Aチーム】さわやか教育リーグ 決勝トーナメント

日付:2017年3月18日(土)  場所:荏田西グランド
大会名:さわやか教育リーグ 決勝トーナメント1回戦   対戦相手:早渕レッドファイヤーズ
チーム名
川和S 0 2 0 0 2
早渕R 0 1 4 × 5
バッテリー:投)ソウタ・ルイ 捕)ナナミ・ゲンキ  
公式戦通算成績:7戦4勝3敗0分

さわやか教育リーグ決勝トーナメント1回戦を同区の早渕レッドファイヤーズさんと戦った。早渕レッドファイヤーズさんとは昨年の東京ガス杯決勝戦以来の対戦。同決勝は相手ミスにより辛くも勝利することが出来たが、今回は如何に・・・
先発ピッチャーのソウタは立ち上がりからコントロールがピリッとせず、初回から満塁のピンチを招くも何とか三振を奪って切り抜けると、2回表相手ピッチャーの乱調から連続押し出し等により2点を先取する。2回裏立ち直りを見せたいソウタだったが、四球で出塁を許すと、2番打者にライト前に運ばれ1点差とされる。3回表追加点を奪いたいシャークスであったが無死2塁のチャンスを潰すと、3回裏ソウタが4四死球・3WPと崩れ、4点を奪われ逆転を許す。時間的に最終回となった4回表、2死満塁と一発逆転のチャンスを作り絶好調のゲンキまで回すが3塁ファールフライに倒れ万事休す、1回戦敗退となってしまった。この借りは区大会で絶対に晴らそう!!

全国共済旗争奪 横浜市少年野球大会 開会式

平成29年3月19日横浜薬大スタジアムにて開催された『全国共済旗争奪 横浜市少年野球大会』開会式に参加しました。
本大会は各区連盟の推薦を受けたチームのみが参加する大会であり、各区代表32チームが出場し優勝を目指して戦います。強豪チームばかりが参加する大会ですが、上位目指して頑張ります!!


必勝祈願

都筑区 春季大会 開会式

平成29年3月12日、都田公園にて『第45回都筑区春季大会』開会式が開催されました。
全14チームが3ブロックに分かれブロック戦を行ない、上位2チームが決勝トーナメントへ進出し優勝を目指します。
優勝旗・カップを返還。今年も頂上取って取り戻すぞ!!

【Aチーム】あじさいリーグ ブロック戦

日付:2017年3月12日(日)  場所:荏田西グランド
大会名:あじさいリーグ ブロック戦   対戦相手:二子フェニックス
チーム名
川和S 3 0 4 0 0 7
二子F 1 0 0 0 0 1
バッテリー:投)ソウタ・ゲンキ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:6戦4勝2敗0分

あじさいリーグブロック戦の3戦目を高津区の二子フェニックスさんと戦った。
この試合は主将トワ・副主将ショウヘイの二人を怪我で欠くといった、正に飛車角不在の厳しい状況の中で挑んだ試合であった。
本日の先発ピッチャーはソウタ。先制点を奪取しソウタを楽にしてあげたかったシャークス打線は、1回表2死からゲンキ・ナナミ・ヒロキ・ソウタの長短4連打を浴びせ3点を先取。3回表にも再びゲンキ・ナナミ・ヒロキの長短3連打から4点の追加点を奪った。援護を受けたソウタは、3回を無安打4四死球1失点と好投、リリーフしたゲンキは2回を無安打4奪三振と完璧なピッチングを見せ、勝利することが出来た。
あじさいリーグブロック戦は本日の勝利で2勝1敗となり、残り3試合。ブロック上位2チームが決勝トーナメント進出のため、落とせない試合が続いていくが、本日のような”全員野球”で勝利を掴んでいこう!!

【Aチーム】あじさいリーグ ブロック戦

日付:2017年3月4日(土)  場所:荏田西グランド
大会名:あじさいリーグ ブロック戦   対戦相手:若葉台リトルバーズ
チーム名
川和S 0 0 0 0 1 0 0 1
若葉台L 0 0 0 0 1 2 × 3
バッテリー:投)ヒロキ・ゲンキ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:5戦3勝2敗0分

あじさいリーグブロック戦の2戦目を旭区の若葉台リトルバーズさんと戦った。若葉台リトルバーズさんとは”第106回YBBL春季大会”にて同ブロックに入っており、2回戦で対戦する可能性があることからとても重要な試合であった。
先行のシャークスは4回まで毎回得点圏にランナーを送るがスクイズ失敗等、再三に亘りチャンスを潰し先取点が奪えない。ショウヘイの右肘故障により、本日の先発ピッチャーはヒロキ。攻撃陣がなかなか得点を奪えない中、気迫のピッチングを見せ、4回までパーフェクトピッチングを披露すると、5回表無死3塁のチャンスからコウダイが見事に初球スクイズを決め、念願の先取点を奪った。続くルイが粘って四球を選ぶと、バッテリーエラーと盗塁で、またもや1死3塁。流れはシャークスと思われたが、相手ピッチャーも粘りを見せ追加点が奪えない。好投を続けていたヒロキだったが疲れが見え始めた5回裏、1死後5番打者に左中間を破られる長打を許し1死3塁のピンチを招く。2死とするも7番打者に痛恨のワイルドピッチ・・・同点とされてしまう。6回表先頭のナナミがセンター前ヒットで出塁し勝ち越しのチャンスを作るが、あと一本が出ずチャンスを潰すと、6回裏リリーフしたゲンキが1番打者に左中間を破られる2ランホームランを浴び逆転を許してしまう。最終回の攻撃は簡単に3人で終わり、ゲームセット。痛い逆転負けを喫してしまった・・・
こちらの鋭い打球が相手正面を突くというアンラッキーなことも多々あったが、毎回のように得点圏にランナーを置きながら得点を奪えないことは深刻な問題であり、このような試合をしていては今後勝ち進むことは厳しいぞ!気持ちを切り替え修正していこう!!