4年生ダイアリー

【Cチーム】わかばジュニア準々決勝

日付:2017年6月3日(土)  場所: 洋光台南公園
大会名:わかばジュニア   対戦相手:港南西洗ヤングスターズ
チーム名
港南Y 1 1 0 0 2 3 1 8
川和S 4 0 0 3 0 0 2X 9
バッテリー:投)リョウガーソラーリョウガータイヨウ 捕)ヤマト  
公式戦通算成績:9戦9勝0敗0分

わかばベスト4をかけた準々決勝、相手は港南西洗ヤングスターズ。
天気は6月にしては湿度も低くカラったとした快晴。ベスト8が出揃い今回から本部大会になり雰囲気も変わって緊張感が漂うなか試合開始。
先攻は西洗。シャークス先発はエースリョウガ。初回2アウトから3番バッターにセンター前ヒット、スチールを決められランナー2塁。続く4番にレフトにヒットを打たれ1失点。しかし6番バッターをショートフライに打ち取り1点で抑えまずまずの立上り。
1回裏シャークスの攻撃は2アウトから3番ヤマトのセンターへのヒットでチャンスを作り4番ヒナタがタイムリーヒットで1-1の同点。さらに5番ソラのレフト前ヒットで1塁、2塁のチャンス。イケイケの場面で6番コウスケ。ライト線に鋭い当たりで、ボールは守備の左を抜けタイムリー2ベース。コウスケガッツポーズ。
2アウト2塁、3塁から7番リュウスケ。長い怪我からの復帰で今までの思いをぶつける左中間への2点タイムリースリーベース。5連打で4-1と西洗を突き放す。
2回表西洗の攻撃。2アウトから8番バッターに2ベースを打たれピンチ。9番バッターの小フライにファーストリュウスケがダイビングもキャッチできずその間に1点入り2-4。リュウスケナイスファイト。
2回裏は2アウトから2番コウガが左中間を大きく破り3塁を狙うも間一髪アウト。しかしナイスバッティングでムードはシャークス。
3回、4回の西洗の攻撃はリョウガがしっかり抑えて0点に抑える。
4回裏1アウトからリュウスケ、リョウガが出塁し9番ケイスケ。センターへの鋭い当たりがセンター頭上をワンバウンドで抜け2点タイムリー3ベース。2-6。1番に戻りソウタのサードゴロの間に3塁ランナーケイスケ本塁タッチアウトでチャンスが途切れたかと思ったが、ソウタの足が活きて2アウト3塁。2番コウガの左中間を大きく抜ける3ベースで貴重な1点を追加。2-7。
5回表はフォアボールと振り逃げでチャンスを作られ内野のミスから2点を失いヤバイムードになりそうなところ、コウガがサードゴロを冷静にさばき2塁ランナーをランダンプレーで刺しピンチを2点で食い止める。4-7。
ジワジワと追い上げてくる西洗。6回からピッチャーソラに交代。先頭バッターがセンターへヒット。リズムが狂いワイルドピッチとフォアボールで2点を失い再度リョウガにスイッチ。セカンドゴロの間に1点追加されついに7-7の同点。
6回裏はリュウスケのヒットからチャンスを作るもダブルプレーで0点。時間切れでタイブレークに突入。
延長タイブレーク1アウト1塁、3塁からスタート。1番、2番バッターがランナーにつき3番バッターの打席からスタート。
タイブレークからマウンドはタイヨウ。港南は1塁ランナー盗塁のあとスクイズを試みるも3塁ランナー突っ込めずFCで1アウト満塁。続く4番バッターにレフト前ヒットを浴び1点を許しなお1アウト満塁。続く5番バッターはサードゴロ、サードコウガ、キャッチャーヤマト、ファーストリュウスケと完璧な守備でホームゲッツー。緊迫した場面でタイヨウ、内野陣が冷静な守備で港南を1点に抑える。8-7
タイブレーク川和の攻撃。3塁ランナーソウタ、1塁ランナーコウガ、バッター3番ヤマトでスタート。コウガ盗塁で2塁、3塁。ソウタは3塁ランナーでピッチャーにプレッシャーをかけイケイケのムード。バッターボックスは我らがキャプテンヤマト、2球目をフルスイングするとボールはサード、ショート、レフトの間に落ち3塁ランナーソウタがホームイン。レフトがもたつく間に2塁からコウガも判断よくホームへ滑り込み9-8。サヨナラ。
最後は持ってる男ヤマトが決めてくれ厳しい試合をものにすることが出来ました。投手陣、守備陣はしっかり守り、攻撃も最後まで諦めず、ベンチも声を枯らしみんなで勝ち取った勝利でした。

【Cチーム】親善交流ジュニア ブロック戦

日付:2017年5月28日(日)  場所:今宿西町公園
大会名:親善交流ジュニア   対戦相手:今宿東キングローズ
チーム名
今宿東K 0 0 1 1 2
川和S 1 10 2 X 12
バッテリー:投)ソラータイヨウ 捕)ヤマトータクマ  
公式戦通算成績:8戦8勝0敗0分

【Cチーム】都筑区大会 ブロック戦

日付:2017年5月21日(日)  場所:都田西小学校
大会名:都筑区大会   対戦相手:早渕レッドファイヤーズ
チーム名
川和S 6 2 0 2 4 14
早渕RF 0 0 0 1 0 1
バッテリー:投)リョウガータクマ 捕)ヤマト  
公式戦通算成績:7戦7勝0敗0分

【Cチーム】わかばジュニア4回戦

日付:2017年5月7日(日)  場所:日限山大公園
大会名:わかばジュニア   対戦相手:秦野少年野球部コメッツ
チーム名
川和S 0 0 2 1 0 4 7
秦野C 1 0 0 0 0 1 2
バッテリー:投)リョウガータイヨウ 捕)ヤマト  
公式戦通算成績:6戦6勝0敗0分

ゴールデンウィーク最終日、わかばジュニア4回戦。秦野少年野球団コメッツとの対戦
1回表シャークスの攻撃、デッドボール2つでチャンスを作るが相手投手の速球に押され1本が出ず得点ならず。
1回裏先発はエースのリョウガ。先頭バッターがセーフティバントで出塁すると盗塁2つでノーアウト3塁。1アウト後セカンドゴロの間に1点先制される。
2回表ケイスケのレフト前ヒットから1アウト3塁のチャンスを作るが、相手投手の好投で0点。嫌な流れになってきたが、ピッチャーリョウガも相手打線をしっかり抑え追加点は与えず。
3回表先頭ソウタがセンター前ヒットで出塁、2番コウガが絶妙なセーフティバントで相手のミスを誘い、2塁からソウタが一気にホームイン。1−1
ヤマトの内野ゴロの間にコウガも帰り1-2逆転
3回裏1アウト2塁のピンチ、セカンド牽制の間にランナーは3塁にスタート。リョウガは慌てずプレートを外すと3塁に送球タッチアウト!練習通りのプレーでピンチを切り抜ける。
4回表リョウガのヒットからタイヨウのライトオーバー2ベースで1点追加。1-3
4回裏は2アウト2塁、3塁のピンチを招くもピッチャーコウガが気迫のピッチングで2番バッターをピッチャーゴロに打ち取り0点に抑える。
5回は両チームとも0点、緊迫した展開で迎えた6回表。今日当たっているリョウガ、タイヨウがヒットで出塁し1塁、2塁で代打ソラ。初球インコース高めを振り抜きレフト線へ3ベースヒット!2点追加で1-5。ソラもソウタの内野ゴロの間にホームイン。1-6
さらにエラーで出塁したコウガを3塁に置いてヤマトがライトへクリーンヒット。1-7
6点リードで最終回の6回裏。ピッチャーはタイヨウにスイッチ。ヒットとワイルドピッチで1点取られるも内野陣がしっかり守り最後はダブルプレーでゲームセット。
1-7で勝利。ブロック代表を決めベスト8!緊張感のある厳しい試合だった。
次は準々決勝、さらに強い相手との戦いが待っている。チーム一丸でシャークスの野球をやろう!

【Cチーム】わかばジュニア3回戦

日付:2017年5月6日(土)  場所:日限山大公園
大会名:わかばジュニア   対戦相手:オール上郷
チーム名
オール上郷 1 0 0 0 0 1
川和S 7 3 4 0 X 14
バッテリー:投)ソラータイヨウ 捕)ヤマト  
公式戦通算成績:5戦5勝0敗0分

わかばジュニア3回戦、相手はオール上郷。
シャークス先発はソラ、ヤマトとのバッテリーでプレイボール。
1回表オール上郷の先頭バッターに四球を与え盗塁2つでノーアウト3塁のピンチ。2番バッター三振のあと3番バッターにスクイズを決められ1失点も後続を抑え1点に抑える。1−0
1回裏先頭バッターソウタ四球で出塁。盗塁の後ケイスケのセーフティバントの間にソウタが2塁から一気にホームインして1-1同点。さらにヤマトのスクイズも決まり1-2で逆転。ここからヒナタライト前ヒット、リョウガ、コウガが揃ってライトへの2ベース、コウスケ内野安打、ソラ右中間ヒット、マサヒト左中間2ベースの6連打で5点を追加し1−7と大きくリード。
2回裏もヤマト、ヒナタの連続ヒットで1点追加。さらにコウガ3ベース、コウスケ2ベースで畳み掛け2点追加。1−10
3回裏はケイスケ、リョウガ、コウスケにヒットが出てさらに4点追加。1−14
ソラは2回、3回をノーヒットに抑えナイスピッチング。4回、5回はタイヨウが打者6人に対し5三振のスーパーピッチングで0点に抑えゲームセット。
攻撃陣は15安打14得点、投げてはソラ、タイヨウの継投でノーヒットに抑える完璧なピッチング。
ブロック代表まであと1つ。
この勢いで明日も絶対勝つ🏆👑🎌

【Cチーム】都筑区大会 ブロック戦

日付:2017年4月30日(日)  場所:都田西小学校
大会名:都筑区大会 ブロック戦   対戦相手:荏田南イーグルス
チーム名
荏田南E 0 1 3 0 1 0 5
川和S 6 0 0 3 0 X 9
バッテリー:投)ヤマトータイヨウ 捕)タクマーヤマト  
公式戦通算成績:4戦4勝0敗0分

区大会ブロック戦2試合目は荏田南イーグルス。
先発は久々の登板のヤマト。初回3者凡退の素晴らしい立ち上がり。
1回裏相手のミスからチャンスを作りヤマトのセンター前ヒット、コウガの左中間へのタイムリーヒットが飛び出す。また相手のミスも手伝い一気に6点先制。0−6
2回表イーグルスの攻撃。先頭バッターにレフトへ2ベースを打たれ、3盗の時にキャッチャーの悪送球で簡単に1点を与えてしまう。
3回表にはデットボールでランナーを出すと守備の乱れからノーヒットで3点を失う嫌な展開。4−6
2回、3回のシャークスの攻撃は相手ピッチャーにタイミングが合わずここ一番で1本が出ない苦しい展開となった。
しかし4回裏2アウトからランナーを出すとケイスケの内野安打で1点。さらに4番ヒナタの2点タイムリー2ベースで4−9とリードを広げる。
5回表からマウンドはタイヨウ。フォアボールでランナーを出すと盗塁とキャッチャーの悪送球で1点を取られるが後続を連続三振で切って取りゲームセット。
9点は取ったものの課題の残る試合となった。バッターはボール球に手を出すなど、相手を助けてしまいチャンスを作ることができなかった。また守備の乱れが響きピンチを広げ失点を重ねてしまった。ピンチの時に1つのアウトをしっかり取り相手の流れを止めるチーム力が必要である。

区大会2勝0敗

【Cチーム】わかばジュニア2回戦

日付:2017年4月23日(日)  場所:日限山大公園
大会名:わかばジュニア   対戦相手:上永谷少年野球部&野庭日限フェニックス
チーム名
上永谷&野庭 0 0 0 0 0 0 1 1
川和S 2 0 2 2 0 1 X 7
バッテリー:投)ソラーコウガ 捕)タクマ  
公式戦通算成績:3戦3勝0敗0分

わかばジュニアの2回戦、相手は上永谷少年野球部と野庭日限フェニックスの合同チーム。
シャークス先発はソラ、1回表先頭バッターに9球粘られ四球。盗塁の後1アウト2塁から3盗を狙われるもキャッチャータクマのストライクの送球で3塁タッチアウト!初回のピンチをしっかりしのいで3人で攻撃を抑える。
1回裏シャークスの攻撃。1番ソウタ、2番コウガの連打でノーアウト2、3塁のチャンス。ヤマトのショートゴロの間に3塁ソウタが隙をつきホームに滑り込むが間一髪アウト、相手の好守に一度はチャンスを逃したが、この試合4番に座るヒナタ。わかばでは自慢のバッティングに火がついているが、ここでもレフトオーバーのタイムリーヒット。さらに5番リョウガもセンター前ヒットで続き1点追加。0-2
3回裏相手のエラーから1点追加、さらにリョウガのライトへのヒットで1点。0-4
4回裏ソラのレフト前ヒットからチャンスを作り、マサヒトのヒットで1点追加。マサヒトは2塁から得意の爆足で3盗、相手にプレッシャーを与え2アウト3塁からコウガのセーフティーバントで1点。0-6
ソラは2回、3回、4回をピシャリと抑え、4回ノーヒットで0点のナイスピッチング。
6回裏の攻撃で1点追加し0-7とリードを広げる。
5回表からピッチャーコウガにスイッチ。安定したピッチングで5回、6回を無失点に抑え最終回。四球で出したランナーに盗塁を決められその後1アウト3塁からワイルドピッチで1点を取られる。しかし後続をしっかり抑えゲームセット。1-7
2人のピッチャーで相手をノーヒットに抑えることができた。しかし打撃陣は10安打を放つもやろうとした作戦が決まらず、守備も細かいミスが出て課題の残る試合だった。
走塁、バントはもっと精度を上げ、まずはブロック代表を目指し次の試合に備えていきたい。

【Cチーム】わかばジュニア1回戦

日付:2017年4月16日(日)  場所:日限山大公園
大会名:わかばジュニア   対戦相手:鷺竹クラブ少年野球部
チーム名
鷺竹C 1 0 0 1 2 1 5
川和S 8 0 1 0 0 X 9
バッテリー:投)リョウガータイヨウーヤマト 捕)ヤマトータクマ  
公式戦通算成績:2戦2勝0敗0分

わかばジュニア優勝を目指すCチーム、ついに1回戦をむかえました。天気は快晴、気温も上がりピッチャーには辛い状況。
先発はリョウガ、初回いきなり1、2番に連打を浴びノーアウト2、3塁のピンチ。ここで鷺竹クリーンアップを凡打に打ち取り1点で切り抜ける。
1点リードされた1回裏の攻撃、先頭バッターソウタ四球で出塁し2番コウガのセンターへの2ベース、3番コウスケ四球でノーアウト満塁。4番ヤマトの内野ゴロの間に1点。同点にして5番に抜擢されたヒナタ。初球をレフトに大飛球!ベンチ全員が立ち上がってガッツポーズ。しかしプレーがかかってなく打ち直し、グランドがざわつく中、1人冷静なヒナタは6球目を一閃、またしてもレフトに大飛球。走者一掃の2ベース、4-1と逆転。ヒナタはベース上でクールにガッツポーズ。まだノーアウト、さらにチャンスを広げ7番ケイスケレフトにクリーンヒット、2点追加で6-1。8番タイヨウの時に1点追加、9人制のわかば、ラストバッター9番マサヒト、ライト線にタイムリースリーベース。さらに1点追加で1回アウトを取られず8点の猛攻、一気に相手を突き放すことに成功。
2回、3回はリョウガがキッチリ抑えムードはシャークス。3回裏ヒナタに代わって代走で入ったイッキが俊足を活かし3塁まで来ると7番ケイスケがレフト線を破る3ベース。追加点が欲しいところで大きい一発。9-1。
4回表連打からチャンスを与え1失点。
5回表先頭バッターにヒットを打たれたところでリョウガからタイヨウにスイッチ。ランナーをためて4番にヒットを打たれ2失点。9-4。
4回、5回はコウガ、ヤマトにクリーンヒットが出るも得点にはつながらず最終回6回表
ランナーを出し内野ゴロの間に1点取られるも最後はヤマトが締め9-5。
暑い中、投手陣の踏ん張りとチャンスにタイムリーが出たナイスゲーム!
選手達は落ち着いてしっかり普段の練習通りのプレーをしてくれました。この調子で2回戦に挑みます。

【Cチーム】わかばジュニア春季大会 開会式

2017年4月15日(土)第29回わかばジュニア春季大会の開会式が、保土ヶ谷軟式野球場で行われました。
朝から天気も良く初夏の陽射しの中、選手達はハツラツと入場行進を行いました。
4年生以下の神奈川県下113チームが参加するCチーム今季最大の大会、神奈川の強豪が集まる熾烈な戦いが始まります。
隣の保土ヶ谷本球場では高校野球春季大会も行われ、いよいよ球春スタートです。

【Cチーム】都筑区大会 ブロック戦

日付:2017年4月2日(日)  場所:中川小学校
大会名:都筑区大会 ブロック戦   対戦相手:南山田ライオンズ
チーム名
南山田L 2 0 0 0 0 0 2
川和S 0 0 2 1 5 X 8
バッテリー:投)リョウガ 捕)タクマーヤマト  
公式戦通算成績:1戦1勝0敗0分

※都筑区大会教育リーグ(4年生以下)は秋までに10チームの総当たり戦を行い1位〜4位が決勝トーナメントに進み優勝を決めます。

Cチーム今季初の公式戦は都筑区大会ブロック戦。先発はリョウガ、立ち上がり先頭バッターにフォアボールを出すと内野のエラーも絡み2点先制される。チーム全体が立ち上がり硬くなりリズムに乗れなかった。攻撃は相手投手の速球に苦しみチャンスを作れず。リョウガもリズムを取り戻し2回3回を3者凡退。3回裏2アウトから3四球で満塁。4番ヤマトの痛烈な打球で相手ショートがエラーする間にソウタ、コウガが好走塁でホームイン。2−2同点。続く4回裏、フォアボールから相手のスキをつきタイヨウの内野ゴロの間に1点、2−3で勝ち越し。5回裏マサヒトがフォアボールで出塁。自慢の爆足を飛ばし2盗3盗連続成功。ソウタの内野ゴロの間に1点追加。その後再度フォアボールからチャンスを作ると3番コウスケの痛烈なライトオーバー2ベースでさらに1点追加。その後も相手のミスを突いて打者一巡の5得点勝負あり。リョウガは2回以降安定したピッチングで1安打完投。立ち上がり硬くヒヤヒヤした試合だったがミスもなく日頃の練習の成果が出た勝利だった。


▲1安打完投のリョウガ


▲コウスケ2ベースヒットでガッツポーズ

【Bチーム】さわやかジュニア⑩

日付:2016年12月4日  場所:茅ヶ崎小学校
大会名:さわやかジュニア   対戦相手:戸塚アイアンボンドス
チーム名
川和S 0 0 0 1 0 1 3 5
戸塚I 3 0 0 0 4 0 x 7
バッテリー:投)ゲンキ 捕)ユウガ 
公式戦通算成績:47戦35勝12敗0分

さわやかジュニア決勝です。
相手は神奈川四年生以下チームのチャンピョンともいえるアイアンボンドスさん。
自分たちの力をはかる上でもふさわしい相手です。
初回、こちらは三者凡退、その裏ミスもあり3点を奪われます。
しかし今回は苦しい状況でも粘ります。
4回にはゲンキのスクイズで何とか1点を取るも5回に再びミスが絡み4点を奪われ突き放されます。
それでも集中力を切らさず6回にルイ、アヤトの連続ヒットで1点追加、その裏を0点に抑え最終回を迎えます。
先頭のヤマトが粘りこの試合初めての四球を選ぶとユウガがヒット、ケンシンのレフトオーバーの2塁打で2点追加、さらにルイの猛打賞となるセンター前ヒットで1点。
2点差に追い詰めました。
しかし反撃もここまで。
準優勝となりました。

負けてしまったものの今年のベストゲームといえる内容だと思います。
今年最後のBチームとしての試合でしたがよく頑張りました。

父兄、コーチの皆さま、応援ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
完投したゲンキ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
猛打賞のルイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タイムリーヒットのアヤト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
粘りの四球を選び好走塁をみせたヤマト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ヒットを放つユウガ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
レフトオーバーの2塁打、2打点のケンシン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
敢闘賞のケンシン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
優秀賞のゲンキ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【Bチーム】さわやかジュニア⑨

日付:2016年11月23日  場所:都田西小学校
大会名:さわやかジュニア   対戦相手:DMファイターズ
チーム名
DM 0 0 0 0 0 0 0
川和S 4 1 0 4 0 x 9
バッテリー:投)ゲンキ→リョウガ→ゲンキ→ツヨシ 捕)ユウガ 
公式戦通算成績:46戦35勝11敗0分

さわやかジュニアの準決勝です。
初回、エラーで出塁を許すも0点におさえ、そのうら相手のミスから打者9人、ラストバッターまで回し4点。
その後攻撃でも守備でもプレッシャーなく試合を進めることができました。
今回も快勝で選手全員を出場させることが出来ました。
次回は今年Bチームとして最後の公式試合となる決勝です。
厳しい戦いになると思いますが力を出し切ってほしいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA