試合結果 速報

【Aチーム】あじさいリーグ決勝トーナメント 1回戦

日付:2017年6月24日(土)  場所:荏田西グランド
大会名:あじさいリーグ決勝トーナメント1回戦   対戦相手:宮内子ども会野球部
チーム名
宮内 1 0 3 0 2 0 3 9
川和 0 2 0 0 3 0 2 7
バッテリー:投)ヒロキ・ルイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:31戦21勝10敗0分

あじさいリーグ決勝トーナメント1回戦を中原区の宮内子ども会野球部さんと戦った。初回に先制点を奪われた後攻のシャークスは2回、ソウタのタイムリー3塁打とミズキのスクイズで2点を奪い逆転に成功する。しかし3回・5回に得点を奪われ4点ビハインドで迎えた5回裏、相手エラーで1点追加、更にランナー2人を置いてゲンキの右中間を破るタイムリーで2点を追加し1点差とする。4点差で迎えた最終回、3連打で2点を奪い尚も1死2・3塁の一打同点のチャンスだったが、後続が打ち崩すことが出来ず残念ながら初戦敗退となってしまった。この日はエースショウヘイを学校行事で欠く厳しい状況ではあったが、ベンチから指示が中途半端で相手4番打者一人に7得点されてしまうという、ベンチワークの難しさも実感した試合でもあった。反省です・・・

【Aチーム】ベイスターズ旗争奪少年野球大会 1回戦

日付:2017年6月18日(日)  場所:通信隊グランド
大会名:ベイスターズ旗争奪少年野球大会 1回戦   対戦相手:いずみ少年野球クラブ
チーム名
川和 2 0 0 1 1 1 0 5
いずみ 0 0 0 0 0 0 0 0
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:30戦21勝9敗0分

ベイスターズ旗争奪少年野球大会の1回戦を泉区のいずみ少年野球クラブさんと戦った。先行のシャークスは初回、先頭のトワが四球を選び出塁、続くルイがライト前ヒットを放つと相手守備の乱れがある間に走者トワが一気に本塁へ生還、その後ナナミのスクイズも決まり、幸先良く2点を先取する。4回にはソウタのスクイズ、5回にはルイ、6回にはゲンキのタイムリーで着実に追加点を奪う等、試合は終始シャークスのペースで進み、勝利することが出来ました。試合中盤から雨が降ってくるという悪コンディションの中で行われた試合ではあったが、先発ショウヘイが見事なピッチングを見せ、完封勝利。頼もしくなってきたぞッ!!
2回戦は今季YBBLで負けを喫している金沢区の強豪金沢イーグルスさんとの対戦が予想されるが、同じ相手に2連敗は許されない・・・さぁリベンジだッ!!

【Aチーム】都筑区夏季大会東京ガス杯 1回戦

日付:2017年6月11日(日)  場所:東方公園グランド
大会名:都筑区夏季大会東京ガス杯 1回戦   対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
川和S 0 0 0 0 1 0 0 1
山田B 0 0 0 0 0 0 0 0
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:29戦20勝9敗0分

東京ガス杯の1回戦を山田バッファローズさんと戦った。両投手の好投によりお互いチャンスを掴めないままゼロ行進であったが、均衡を破ったのはシャークス。5回表、先頭ナナミがライトエラーにより出塁すると続くユウガもヒットで出塁、プレッシャーのかかる場面であったがミズキがきっちり犠打を決め1死2・3塁のチャンスを演出すると、ゲンキがレフト前にしぶとく落としてようやく先取点を奪取する。守っては先発ショウヘイが落ち着いたピッチングを披露。最終回1死2・3塁のピンチを背負ったが無失点で切り抜け、終わってみれば被安打1の完封ピッチング!!2回戦へ駒を進めました\(^o^)/

【Bチーム】横浜市大会(新人戦)

日付:2017年6月10日(土)  場所:神の木公園野球場
大会名:横浜市大会新人戦   対戦相手:ブラックシャーク
チーム名
川和S 0 0 0 0 0 3 3
BS 0 0 0 2 1 1x 4
バッテリー:投)ゲンキ 捕)ルイ  
公式戦通算成績:10戦8勝2敗0分

横浜市大会新人戦1回戦
序盤お互い点が取れない状態が続きましたが耐えられなかったのは我々でした。
エラーで失点を続けてしまいました。
同点に追いついたものの内容的に完敗です。
基本が全くできていないことが分かったのが収穫といったところでした。
出直しです。

【Aチーム】都田リーグ ブロック戦

日付:2017年6月3日(土)  場所:荏田西グランド
大会名:都田リーグ ブロック戦   対戦相手:鴨居ファイターズ
チーム名
鴨居F 0 0 0 0 0 0 0 0
川和S 0 1 0 0 3 1 × 5
バッテリー:投)ショウヘイ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:28戦19勝9敗0分

都田リーグブロック戦の4戦目を緑区の鴨居ファイターズさんと戦った。シャークスは2回、ユウガの左中間へのランニングホームランで先制。5回にはヒットで出塁したヒロキをおいてショウヘイのレフトオーバー3塁打とナナミの内野ゴロの間に得点を奪う。更に続くユウガが3安打目となるヒットを放つと、ユウガの代走で登場したカイが快足を飛ばし2盗・3盗と立て続けに決め、最後はバッテリーエラーでホームに生還、足で4点目を奪取し試合を決定付けた。投げては先発ショウヘイが被安打1の好投を見せ、危なげなく勝利することが出来ました。ブロック戦4勝目を飾り、残りは2戦。残り2戦も勝利し、全勝でブロック首位通過を奪い取ろう!!

【Aチーム】第102回県小連 2回戦

日付:2017年5月28日(日)  場所:通信隊グランド
大会名:第102回県小連   対戦相手:戸塚アイアンボンドス
チーム名
川和S 0 2 0 0 0 0 2
戸塚I 2 0 0 2 2 0 6
バッテリー:投)ルイ・ヒロキ 捕)ナナミ  
公式戦通算成績:27戦18勝9敗0分

県小連初戦(2回戦)を戸塚区の強豪戸塚アイアンボンドスさんと戦った。シャークスは初回、先頭トワがラッキーな内野安打で出塁、犠打で得点圏にランナーを送るも後続が凡退し無得点。シャークス先発のルイは、先頭打者にいきなり左中間を破られる2塁打を浴びる等2死2・3塁のピンチから、5番打者にライト前に運ばれ2点を先制されてしまう。シャークスは2回、先頭ヒロキがセンター前に弾き返し出塁、その後犠打等2死3塁の状況からミズキのレフトオーバーの2塁打、トワの内野安打で1点づつを奪い、すぐさま同点とする。同点のまま迎えた4回、シャークスは1死満塁の勝ち越しのチャンスを作るがスクイズ失敗等でチャンスを潰すと、その裏2死から自らのエラーで2失点、続く5回もエラー絡みで失点する等、中盤以降自滅する形で得点を与えてしまった。最終回最後の粘りを見せ2死満塁まで攻め込むが、ナナミのレフトオーバーと思われた飛球が相手左翼手の好守備に阻まれ得点が奪えず攻撃終了すると、大会規定により時間切れゲームセットとなり敗退となってしまいました。強豪チーム相手に臆することなく全力で立ち向かった子供たちでしたが、互いの守備力の差が勝敗を左右した試合でした。くじ運に恵まれず初戦から強豪チームと対戦することになってしまった大会でしたが、初戦敗退の悔しさを忘れず、秋の県小連に向けきっちり仕上げていこう!!

【Tチーム】都筑区春季大会 決勝トーナメント


2017年度Tチーム、都筑区春季大会決勝トーナメントです。

日付:2017年5月14日(日)  場所:おちあい公園
大会名:2017年都筑区春季大会 準々決勝   対戦相手:ジュニア葵
チーム名
J葵 2 2
川和S 6 6
公式戦通算成績:10戦9勝1敗0分

決勝トーナメント準々決勝。相手はジュニア葵さん。
初回終了後、相手チームの規定人数に不足が生じ、途中終了で勝利となりました。

日付:2017年5月14日(日)  場所:おちあい公園
大会名:2017年都筑区春季大会 準決勝   対戦相手:荏田南イーグルス
チーム名
荏田南E 2 0 1 0 0 3
川和S 1 0 4 5 × 10
公式戦通算成績:11戦10勝1敗0分

決勝トーナメント準決勝。相手は荏田南イーグルスさん。
初回2点を先制され、裏の攻撃で1点を返すも、3回に追加点を取られて重苦しい流れでしたが、
3回裏に4連打、4回裏に5連打を放ち、逆転勝利となりました。

日付:2017年5月14日(日)  場所:おちあい公園
大会名:2017年都筑区春季大会 決勝   対戦相手:山田バッファローズ
チーム名
山田B 0 0 0 0 0 0
川和S 2 0 2 4 × 8
公式戦通算成績:12戦11勝1敗0分

決勝トーナメントの決勝。相手は山田バッファローズさん。
表の守備、全て内野での守備機会となりましたが、見事完封。
裏の攻撃、全員安打を記録し、また積極的に次の塁を狙う走塁も見せ、優勝することができました。

決勝戦で全員がヒットを打つことができたこと、内野連携できっちりアウトにできたことは、
日々の練習の成果が出たものと思います。

初めての優勝おめでとう!
新しいメンバーも加わります。
この勢いのまま、そして試合中のワンプレーの大切さを忘れずに、夏の大会へ向けて練習していきましょう。

【Bチーム】教育親善野球大会準決勝

日付:2017年6月4日(土)  場所:神明台グランド
大会名:教育親善野球大会 準決勝   対戦相手:DMファイターズ
チーム名
DMF 0 1 3 0 0 1 5
川和S 1 1 0 0 0 1 3
バッテリー:投)ルイ→ゲンキ 捕)ゲンキ→ルイ  
公式戦通算成績:9戦8勝1敗0分

教育親善本戦、準決勝
勝てば決勝戦。
再三のチャンスでフライをあげ続け、10本以上のフライ・・・。
相手の倍ヒット打っているのにもったいない。
これでは勝てません。
今季初の敗戦となりました。
大振り、早打ち・・。相手ピッチャーの調子は良くなさそうでしたが助けてしまいました。
状況を考えてバッティングできるようになりましょう。

【Bチーム】教育親善野球大会準々決勝

日付:2017年6月3日(土)  場所:神明台グランド
大会名:教育親善野球大会 準々決勝   対戦相手:ニュー横浜スターズ
チーム名
N横浜S 0 0 0 0 0 0
川和S 1 1 0 3 2x 7
バッテリー:投)ゲンキ 捕)ルイ  
公式戦通算成績:8戦8勝0敗0分

教育親善本戦、準々決勝
勝てばベスト4。
守ってはノーヒットノーラン、3四球の好投
1ホームランを含む8安打。
快勝でした。
明日もこの調子でいきましょう。

【Cチーム】わかばジュニア準々決勝

日付:2017年6月3日(土)  場所: 洋光台南公園
大会名:わかばジュニア   対戦相手:港南西洗ヤングスターズ
チーム名
港南Y 1 1 0 0 2 3 1 8
川和S 4 0 0 3 0 0 2X 9
バッテリー:投)リョウガーソラーリョウガータイヨウ 捕)ヤマト  
公式戦通算成績:9戦9勝0敗0分

わかばベスト4をかけた準々決勝、相手は港南西洗ヤングスターズ。
天気は6月にしては湿度も低くカラったとした快晴。ベスト8が出揃い今回から本部大会になり雰囲気も変わって緊張感が漂うなか試合開始。
先攻は西洗。シャークス先発はエースリョウガ。初回2アウトから3番バッターにセンター前ヒット、スチールを決められランナー2塁。続く4番にレフトにヒットを打たれ1失点。しかし6番バッターをショートフライに打ち取り1点で抑えまずまずの立上り。
1回裏シャークスの攻撃は2アウトから3番ヤマトのセンターへのヒットでチャンスを作り4番ヒナタがタイムリーヒットで1-1の同点。さらに5番ソラのレフト前ヒットで1塁、2塁のチャンス。イケイケの場面で6番コウスケ。ライト線に鋭い当たりで、ボールは守備の左を抜けタイムリー2ベース。コウスケガッツポーズ。
2アウト2塁、3塁から7番リュウスケ。長い怪我からの復帰で今までの思いをぶつける左中間への2点タイムリースリーベース。5連打で4-1と西洗を突き放す。
2回表西洗の攻撃。2アウトから8番バッターに2ベースを打たれピンチ。9番バッターの小フライにファーストリュウスケがダイビングもキャッチできずその間に1点入り2-4。リュウスケナイスファイト。
2回裏は2アウトから2番コウガが左中間を大きく破り3塁を狙うも間一髪アウト。しかしナイスバッティングでムードはシャークス。
3回、4回の西洗の攻撃はリョウガがしっかり抑えて0点に抑える。
4回裏1アウトからリュウスケ、リョウガが出塁し9番ケイスケ。センターへの鋭い当たりがセンター頭上をワンバウンドで抜け2点タイムリー3ベース。2-6。1番に戻りソウタのサードゴロの間に3塁ランナーケイスケ本塁タッチアウトでチャンスが途切れたかと思ったが、ソウタの足が活きて2アウト3塁。2番コウガの左中間を大きく抜ける3ベースで貴重な1点を追加。2-7。
5回表はフォアボールと振り逃げでチャンスを作られ内野のミスから2点を失いヤバイムードになりそうなところ、コウガがサードゴロを冷静にさばき2塁ランナーをランダンプレーで刺しピンチを2点で食い止める。4-7。
ジワジワと追い上げてくる西洗。6回からピッチャーソラに交代。先頭バッターがセンターへヒット。リズムが狂いワイルドピッチとフォアボールで2点を失い再度リョウガにスイッチ。セカンドゴロの間に1点追加されついに7-7の同点。
6回裏はリュウスケのヒットからチャンスを作るもダブルプレーで0点。時間切れでタイブレークに突入。
延長タイブレーク1アウト1塁、3塁からスタート。1番、2番バッターがランナーにつき3番バッターの打席からスタート。
タイブレークからマウンドはタイヨウ。港南は1塁ランナー盗塁のあとスクイズを試みるも3塁ランナー突っ込めずFCで1アウト満塁。続く4番バッターにレフト前ヒットを浴び1点を許しなお1アウト満塁。続く5番バッターはサードゴロ、サードコウガ、キャッチャーヤマト、ファーストリュウスケと完璧な守備でホームゲッツー。緊迫した場面でタイヨウ、内野陣が冷静な守備で港南を1点に抑える。8-7
タイブレーク川和の攻撃。3塁ランナーソウタ、1塁ランナーコウガ、バッター3番ヤマトでスタート。コウガ盗塁で2塁、3塁。ソウタは3塁ランナーでピッチャーにプレッシャーをかけイケイケのムード。バッターボックスは我らがキャプテンヤマト、2球目をフルスイングするとボールはサード、ショート、レフトの間に落ち3塁ランナーソウタがホームイン。レフトがもたつく間に2塁からコウガも判断よくホームへ滑り込み9-8。サヨナラ。
最後は持ってる男ヤマトが決めてくれ厳しい試合をものにすることが出来ました。投手陣、守備陣はしっかり守り、攻撃も最後まで諦めず、ベンチも声を枯らしみんなで勝ち取った勝利でした。

【Cチーム】親善交流ジュニア ブロック戦

日付:2017年5月28日(日)  場所:今宿西町公園
大会名:親善交流ジュニア   対戦相手:今宿東キングローズ
チーム名
今宿東K 0 0 1 1 2
川和S 1 10 2 X 12
バッテリー:投)ソラータイヨウ 捕)ヤマトータクマ  
公式戦通算成績:8戦8勝0敗0分

【Cチーム】都筑区大会 ブロック戦

日付:2017年5月21日(日)  場所:都田西小学校
大会名:都筑区大会   対戦相手:早渕レッドファイヤーズ
チーム名
川和S 6 2 0 2 4 14
早渕RF 0 0 0 1 0 1
バッテリー:投)リョウガータクマ 捕)ヤマト  
公式戦通算成績:7戦7勝0敗0分