試合結果 速報

【Bチーム】区大会準決勝 結果

2011/10/30

vs 南山田ライオンズ 9-0 ○

初回に1点先制したあと、2回にも満塁で追加点のチャンスが訪れる。

そこでシュンノスケがうまく転がし、きっちり追加点。

その後、3回には満塁にされるピンチがあったが、スクイズ阻止、続けて三振、としのぎ、無得点で抑えたまま最終回へ。

さいごはヒロトのスリーベースも飛び出し、決勝に駒を進めました。

あと一勝で、優勝です!応援よろしくお願いします!!

【Aチーム】あじさいリーグ 結果

2011/10/16

vs 白真少年野球部   14 対 1 で勝利

最近先発ピッチャーが板についてきた幸希。

初回特大のホームランを打たれるも、その後は無難にしのぎ味方の反撃を待つ。

2回のシャークスの攻撃で自らも3塁打を放ち逆転に成功すると、ピッチングは更に冴えて、終わってみれば初回の1失点だけ。

ナイスピッチングでした。

打つ方はホームラン5本と活発でした。

あじさい決勝トーナメントもいよいよ次回が準々決勝です。

日程厳しくなりますが優勝目指して頑張りましょう。

【Tチーム】ATM秋季大会 結果

2011.10.23 ATM秋季大会決勝トーナメント @都田公園

シャークスTチームはAグループ3位通過で出場しました。
1回戦 栗木ジャイアンツさん(Bグループ2位)   14-4 ○
序盤は取って取られてのシーソーゲーム、3回の裏の攻撃を0で抑え4回の表に一挙6点、
その裏も0に抑え勝利しました。
主軸の龍輝は40mラインを超える2本のHR。

2回戦  嶮山ひまわりさん(Gグループ1位)     10-9 ○
3回裏で8対3、5点リード。この試合も打線は活発、鋭い打撃連発にてリード。
しかし4回表に相手の猛反撃とまずい守備が重なり、9対8と逆転を許す。
今日のTチームはここからが違いました、1年生達下位打線が奮起し1打逆転のチャンスを作り
最終打者年長の建翔がサード前へ、エラーを誘うサヨナラHIT、試合を決めました。

3回戦 東本郷レインボーズさん(Hグループ1位)  9-5 ●
引き続き打線は活発、1回の表に祐輔の初HRが飛び出し一挙5点、。
このままいくかー、と思いましたが、3試合目という疲れのせいかその後打線は沈黙。
東本郷レインボーズさんの強打にあい逆転を許し、残念ながら敗戦。

ATM秋季大会は参加49チーム中ベスト8にてTチームの挑戦は終わりました。
この大会を通じ最後まで諦めない気持ち、声だし等の面でTチームの成長を感じられました。
このあとの都筑区大会もがんばろう。


祐輔の初ホームラン

本日、Lucky Boy☆だった、建翔

んー残念。

試合後いつになく、まじめに辰巳コーチの話を聞く……

【Aチーム】ベイスターズカップ3回戦 結果

2011/10/8

vs 今宿東キングローズ  11 対 2 で勝利

2回にシュンノスケがセンター前タイムリーヒットで先取点を奪うと、

3回にもマキシの長打&浅いライトファールフライで高判断のタッチアップ。

見事ホームイン。

4回・5回と抑えられていたが6回に長打が続き一挙9点を奪い試合を決めた。

最終回余計な2点を与えた事がちょっと反省です。

【Bチーム】教育親善ブロック代表決定戦 結果

2011/10/16

vs 藤沢ファイターズ 5-1 ○ *ブロック代表決定!!

試合の方は、初回に1点先制される微妙な立ち上がり。

しかしマウンドのヒカルは、いたって冷静。2回以降は三者凡退を続け、あとはこちらの得点を待つのみ。

そして3回には、ケンタロウのスクイズでリョウスケが帰り、待望の1点!

その回以降は流れはこちらに。確実にチャンスをものにして、さらに4点を入れて勝利。

こちらが春の優勝チームというのもあってか、相手チームもすごい気合いでした。そんなプレッシャーのなか、先制されても、落ち着いた試合運びをした選手たち。よくがんばりました^^

待ってました。1点目!

試合を決めて、勝利の雄叫び!

たくさんの応援、ありがとうございました。

【Bチーム】区大会2回戦 結果

2011/10/9

vs 横浜ビクトリー 13-0 ○

来春に向けての大事な大会。シャークスにとっては初戦です。

この日の先発はケイスケ。砂の多いグランドで足場がわるそうだったけれども、リズムよく球も走って完封です!

攻撃では、みんな塁に出ると確実に得点を狙い、気がつけば二桁得点。

さあ、これで次は準決勝です!

打つ気満々だったレン。デッドボールで苦笑い。。。

堂々の完封に、最後は笑み^^

【Bチーム】あじさいリーグ決勝トーナメント1回戦 結果

2011/10/8

vs 横浜ドリームス 1-3●

シャークスA2としてエントリーしたこの大会。

6年生主体のチームを相手に予選を勝ち抜き、決勝トーナメントに進出しましたが、なんと1回戦で春の優勝チームと対戦。

初回にいきなりケンタロウのスリーベースからケイスケのヒットで先制点を入れたものの、その後は、ところどころヒットは出るものの、なかなか得点につながりません。。

ピッチャーヒカルも決して打たれたわけではなく、再三のピンチも切り抜けた。

しかし、結局点差が埋まらず、悔しい敗北・・・。

もうミスが許されないレベルですね。。

連休も試合が続くが、集中を切らさずがんばろう!

気を引き締めて!

1点が欲しい。緊迫のシーンが続きます。

あと一歩、及ばず。

あとはAチームにがんばってほしい!